オンカジ攻略部の公式サイトがリニューアルいたしました。

【初心者でもできる】ブラックジャックのカウンティング方法!ライブカジノで使えるテクニックを公開!

こんにちは、オンカジ攻略部です。

今回は、ブラックジャック攻略法の1つであるカウンティングについて解説します。

ブラックジャックのカウンティングは、ランドカジノで禁止されているほど効果のある攻略法で、使い方次第で勝率を高めることができます。

しかしながら決して難しいものではなく、メモとペンさえあれば初心者の方でも簡単にできますので、ぜひ最後までご覧ください。

オンラインカジノのブラックジャックについて

ブラックジャックは、運の要素も強く誰でも簡単に遊べるカードゲームですが、配られたカードが弱くても、その後のアクション次第でディーラーに勝つことができる戦略性も秘めています

ブラックジャックは、基本的には、「配られたカードの数字の合計値を、ディーラーのカードの数字の合計値よりも「21」に近づけるゲーム」です。

最初にディーラーから2枚のカードが配られるので、そのカードの数字の合計値を「21」に近づけるために新たにカードを引いていきます。

ただし、カードの合計値が「22」を超えるとバーストとなり負けです。

これ以上カードを引かないと決定したら、ディーラーのカードの数字の合計値が表示され、合計値が「21」に近い方が勝利となります。

なお、ディーラーはカードの合計値が17以上になるまで新たにカードを引き続けなければいけないルールとなっていますので、ディーラーのオープンカードからディーラーの自滅を狙うこともできます。

下の記事では、ブラックジャックの詳しいルールや用語、賭け方について解説していますので、合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、オンカジ攻略部です。今回は、オンラインカジノで初めてブラックジャックをプレイする方に向けて、ブラックジャックのルールとゲームの流れを解説していきます。運の要素はもちろんありますが、次のカードを引くのか引かないのか[…]

関連記事

こんにちは、オンカジ攻略部です。今回は、ブラックジャックの賭け方について解説していきます。ブラックジャックには、ディーラーと勝負するメインベットの他に、最初に配られたカードの組み合わせなどによって配当が変わるサイドベットがあ[…]

ブラックジャックのカウンティングの仕組み

ここからは、ブラックジャックのカウンティングについて詳しく解説していきます。

ブラックジャックでは、シュー(カードが入っているケース)の中に入っているカードをディーラーが配り、配られたカードはシューの中に戻されず、カードのシャッフルが行われるまで使われることはありません。

つまり、今までに配られたカードを把握しておけば、シューの中に残っているカードが分かるのです。

カウンティングはこの性質を利用した攻略法で、これまでに配られたカードを数えることにより、シューの中のカードの偏りを予測します。

例えば、「2」~「6」といった小さい数字のカードが多く配られている場合には、シューの中に10カード(「10」、「J」、「Q」、「K」のカード)が多く残っていることになります。

この場合、最初に10カードが配られ易くなるので21に近い合計値を作りやすくなり、ディーラーもバーストし易くなるため、プレイヤーに有利な状況と言えます。

一方、10カードが多く配られている場合には、シューの中に「2」~「6」のカードが多く残っていることになります。

この場合、最初に配られるカードの合計値が小さくなりやすく、ディーラーもバーストし難いので、プレイヤーに不利な状況と言えます。

カウンティングを使うことにより、プレイヤーに有利な状況か不利な状況かを見極めることができるので、ベット額の調整や、ダブルダウンでの勝負といった判断をしやすくなります

ブラックジャックのカウンティング方法とは?

ここからは、詳しいカウンティング方法について解説します。

配られたカードを数えるといっても、「2」のカードが何枚、「K」のカードが何枚と、細かくメモする必要はありません。

カウンティングでは、全13種類のカードを大きく3つのグループに分けて各グループに以下のような点数を付けます。

グループの種類カードの種類点数
大グループ10、J、Q、K、A-1
中グループ7、8、9
小グループ2、3、4、5、6+1

そして場に出されたカードを上記の表の数値でカウントしていき、その数値によって賭け方を変えていくのです。

例えば、上の画像だと、小グループが2枚(「3」、「5」)、中グループが2枚(「8」、「8」)、大グループが3枚(「10」×2、「Q」)なので、合計値は-1になります。

これをシャッフル終了から毎ゲーム行い、合計値がプラスになればなるほどプレイヤーに有利な状況となり、マイナスになればなるほどプレイヤーに不利な状況となります。

したがって、合計値がプラスの場合にはベット額を上げたり積極的にダブルダウンを行い、合計値がマイナスの場合にはベット額を下げたり、ダブルダウンを慎重に行ったりといった判断ができます。

カウンティングする際の注意点

ブラックジャックの勝率を高めることができるカウンティングですが、いくつか注意点があります。

注意点➀:必ず勝てるわけではない

カウンティングの結果、合計値がプラスだからといって必ず勝てるわけではありません。

あくまでも10カードが出やすい状況であるだけなので、過信せずに冷静な判断を行いましょう

注意点➁:ソフトブラックジャックでは使えない

コンピュータと対戦するソフトブラックジャックでは、シューのカードがいつシャッフルされているのか分からないため、カウンティングをしても効果がありません

したがって、ライブカジノのブラックジャックでカウンティングを使うようにしましょう

注意点➂:カジノ側もカウンティング対策を行っている

ランドカジノ同様、オンラインカジノでもカウンティングを警戒しています。

そのため、あまりにも露骨にベット額を上げ下げしたりすると、カジノ側からカウンティングを疑われ、最悪勝利金の没収や、アカウントの停止といったペナルティーを与えられるかもしれませんので注意しましょう。

まとめ

ここまでブラックジャックのカウンティングについて解説しました。

慣れてしまえば、メモなしでも頭の中だけでカウンティングできるようになりますので、ぜひ実践で使ってみてください。