オンカジ攻略部の公式サイトがリニューアルいたしました。

バカラ初心者必見のピラミッド法(ダランベール法)!勝率5割でも利益が残る!?

こんにちは、オンカジ攻略部です。

今回は初心者でも簡単に使うことができるバカラの賭け方のテクニック「ピラミッド法(ダランベール法)」について解説していきます。

大きな配当は期待できないけど、低リスクで小さな利益を積み重ねていける手法であり、勝率5割であれば基本的に利益が残る賭け方となっています。

バカラにおける効果的な賭け方がわからない初心者の方や軍資金が少なくて低リスクでプレイしたい方にはぴったりの手法ですので、是非最後までご覧ください。

バカラで使えるピラミッド法(ダランベール法)の使い方とは?

ピラミッド法とは、バカラなどの勝率5割ほどのギャンブルで使える手法で、リスクを抑えながら利益をジワジワと積み上げていくテクニックとなっています。

フランスの数学・物理学・哲学者のダランベール氏によって生み出された必勝法であるため、「ダランベール法」とも呼ばれています。

賭け方も非常にわかりやすく、負けたとき賭け金を1$増やし、勝った時は賭け金を1$減らすだけです。

リスクも少ない上に賭け方も非常にわかりやすいため、どんな賭け方をしようか迷っている初心者の方には特におすすめの手法です。

その使い方の手順は以下の通りとなっています。

  1. 初回の賭け金を決めて、それをまずは賭けます。(例:10$賭けるなど)
  2. 負けた場合は次のゲームでは、賭け金を1$増やして賭けます。(例:11$賭けるなど)
  3. その後勝った場合は、次のゲームでは賭け金を1$減らします。(例:賭け金11$のときに勝った場合は、次のゲームでは10$を賭ける)
  4. その後も負けた場合は賭け金を1$増やしていき、勝った場合は1$減らすを繰り返します。
  5. 辞めるタイミングは自由で、予め目標金額を決めておいて、それに達したら手法をリセットさせることがおすすめです。

上記の解説では、初回賭け金を10$として、賭け金の上げ下げの幅を1$としていますが、予算に合わせて自由に変えても問題ないです。

予算に余裕があるときは、上げ下げの幅を5$などに増やしたり、予算に余裕がないときは、初回賭け金も1$にして、上げ下げの幅も1$など小さい金額にして応用しましょう。

またバカラでピラミッド法を使う際はライブカジノに力を入れていて、尚且つサイトが非常に見やすくボーナスも豊富な『コニベット』のライブバカラを利用するのがおすすめです。

出金手段も豊富で最近話題のオンラインカジノですので、ぜひ一度ご覧ください。

ピラミッド法を利用する際の「メリット」と「デメリット」

実際にピラミッド法を使用する前に、この手法の良い点・悪い点を理解しておくのは非常に大切です。

そのため、ここではピラミッド法のメリットとデメリットをそれぞれご紹介していきます。

ピラミッド法を利用するメリット

ピラミッド法には2つのメリットがあります。

1つ目のメリットは「勝ち負けが同数程度でも利益が残りやすい」ことです。

ピラミッド法は負けたときに賭け金を上げて、勝ったときに賭け金を下げるため、勝ち負けが交互に続いたり、勝ち負けが同数程度になっても利益を残すことができます。

つまり、勝率約5割のバカラで、その5割の勝利を保つだけで利益が残りやすいです。

確率通りに勝つだけで利益が残るのは、ギャンブルのハードルも大きく下がるように思えます。

2つ目のメリットは「負けが続いても賭け金が大きく膨らまない」ことです。

ピラミッド法は、賭け金の上げ下げ額の設定にもよりますが、基本的に負け続けても大きな損失にはなりません

特にマーチンゲール法のような負けた時に賭け金を2倍にするような手法と比べるとかなりリスクは少ないです。

そのため、軍資金が少ない方でも初心者の方でも落ち着いてバカラを楽しめます。

『メリットまとめ』

  1. 勝ち負けが同数程度でも利益が残りやすい
  2. 負けが続いても賭け金が大きく膨らまない

ピラミッド法を利用する際のデメリット

ピラミッド法には2つのデメリットがあります。

1つ目のデメリットは「初回賭け金によっては勝ち負け同数でも負けることがある」ことです。

ピラミッド法(ダランベール法)のシミュレーション

上記の表のようにピラミッド法では、初回賭け金を小さく設定したときに、序盤で連勝が続いてしまうと賭け金を下げられなくなります。(3$からはじめて5連勝しているが、4連勝目から1$よりも下げられなくなっている。)

そのような状況に陥ると、上記の表のように勝ち負けが同数でも最終的には損失が出ることがあります

そのため、リスクを抑えるために初回賭け金を小さくすることが、逆にリスクを増やす危険性があるのです。

2つ目のデメリットは「大きな利益はあまり期待できない」ことです。

ピラミッド法は、勝ったときに賭け金を下げる手法ですし、賭け金の振れ幅も小さいため大きな配当を得ることは難しいです。

初回賭け金や上げ下げの賭け金を大きくすることで、大きな配当を期待することはできますが、そもそもピラミッド法はリスクを抑えて小さな利益を残していくことを目的とした手法であるため、賭け金を大きくすることにあまり向いていません

バカラで一気に配当を増やしたいと考える方は、ピラミッド法ではなく、パーレー法などの手法を取り入れましょう。

『デメリットまとめ』

  1. 初回賭け金によっては勝ち負け同数でも負けることがある
  2. 大きな利益はあまり期待できない

ピラミッド法を使った勝敗シミュレーション

ここでは、ピラミッド法を使ったシミュレーションをご紹介していきます。

この手法を使って勝つときと負けるときのシミュレーションを表にして解説していくので、どのような状況でピラミッド法が効果を発揮するのか、どのようなときに負けてしまうのかを確認してみてください。

ピラミッド法で勝つときの勝敗の流れ

ピラミッド法(ダランベール法)の勝ちシミュレーション

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金10$・賭け金の上げ下げ幅1$・10ゲームで勝ったときのシミュレーションです。

表のように、勝率が5割の状況でも利益が残っているのがわかると思います。

メリットなどでも説明したように、負けたときに賭け金を上げて勝ったときに賭け金を下げるため、勝率5割の状況でも利益を残すことができます。

ピラミッド法で負けるときの勝敗の流れ

ピラミッド法(ダランベール法)の負けシミュレーション

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金1$・賭け金の上げ下げ幅1$・10ゲームで負けたときのシミュレーションです。

勝ちシミュレーションと同じく勝率5割となっていますが、賭け金の下げ幅がないときに連勝しているため配当が伸びず、10ゲームでは損失が生まれていることがわかると思います。

表のように、下げ幅がないときに連勝が続いたり、もしくは負け越したときは損失が生まれやすくなります

ピラミッド法で勝てない人の特徴

次にピラミッド法を実践する人の中で特に負ける可能性が高くなるような使い方をしている人の特徴をご紹介していきます。

少しでも勝つ可能性を高めるために、以下の負ける人の特徴には気を付けましょう。

  1. 引き際を決めない
  2. 資金に対して賭け金を大きく設定する
  3. 最初の賭け金が小さすぎる

特徴①:引き際を決めていない

ピラミッド法で勝てない人の特徴の1つ目は「引き際を決めない」ことです。

この手法は明確な終わりがなく、利益確定や損切りのタイミングを自分で決めないといけません。

しかし負けてしまう人ほど、引き際を決めず、勝っているときでも負けているときでもダラダラと続けてしまう傾向があります

バカラでは還元率が98%ほどなので、長く続けるほど確率が収束し2%ほど損失が出る可能性が高くなります。そのため、利益が出たときにきっぱりと引くようにしましょう。

特徴②:資金に対して賭け金を大きく設定する

ピラミッド法で勝てない人の特徴の2つ目は「資金に対して賭け金を大きく設定する」ことです。

リスクが小さい手法となっていますが、軍資金50$のときに初回賭け金20$などのように賭け金を大きくしすぎるとそれだけ資金を使い切る可能性が高くなります

同様に負けた時に増やす賭け金を大きくしすぎるとリスクが高まり、負けやすくなってしまいます。

特徴③:最初の賭け金が小さすぎる

ピラミッド法で勝てない人の特徴の3つ目は「最初の賭け金が小さすぎる」ことです。

先ほどとは真逆のことを言っているように感じるかもしれませんが、最初の賭け金が小さすぎても負けやすい傾向にあります。

デメリットや負けシミュレーションでもお伝えしましたが、賭け金の下げ幅が少ない状態で連勝してしまうと、勝率5割だとしても損失を生むことになるからです。

ピラミッド法をうまく活用するための注意点

続いては、ピラミッド法をうまく活用するために注意点です。

負ける人の特徴と重なることが多いですが、ピラミッド法を利用する上で大事なことですので、注意点を守ってから利用するようにしてください。

  1. 利益確定と損切りをタイミングを予め決めておく
  2. 大きな利益を求めない
  3. 時間を多めに確保しておく

注意点①:利益確定と損切りのタイミングを予め決めておく

注意点の1つ目は「利益確定と損切りのタイミングを予め決めておく」ことです。

負ける人の特徴でも説明しましたが、ピラミッド法は辞めるタイミングを自分で決めなければなりません。

例えば、軍資金50$のときに20$増やしたいという目標があれば、10$利益を得た時点で手法をリセットして、10$を2回に分けて回収するような戦略を立てるなど予め目標を決めておきましょう。

また、負け続けるほど賭け金が上がってしまうので、自分の予算と見比べて「10$負けたら今日はもう辞めよう!」などの損切りラインも明確にしておきましょう。

利益を確定と損切りのタイミングを予め決めておき、それを必ず守ることがピラミッド法ではとても大切になってきます。

注意点②:大きな利益を求めない

注意点の2つ目は「大きな利益を求めない」ことです。

ピラミッド法はリスクを抑えて小さな利益を積み上げていく手法であるため、大きな利益を望むものではありません。

それにも関わず、ピラミッド法で大きな利益を求めようとして賭け金を大きくするなどの行為に走ると、その分リスクが増えてピラミッド法の低リスクの利点が無くなってしまいます

ピラミッド法の低リスクというメリットを生かすためにも、大きな利益は求めず、小さな利益を積み重ねる賭け金を設定しましょう。

注意点③:時間を多めに確保しておく

注意点の3つ目は「時間を多めに確保しておく」ことです。

ピラミッド法は小さな利益を積み重ねていくため、配当を増やすまでに時間がかかることが多いです。

そのため、ピラミッド法を使うときは時間に余裕を持ってからプレイするようにしましょう。

時間がないときにサクッと大きな配当を期待できる手法などもあるので、ピラミッド法だけでなく時と場合に応じた手法を持っておくことも必要です。

下の記事ではバカラで使える手法の使い方をまとめているので、手法のストックが少ない方は合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、オンカジ攻略部です。バカラをやる人の共通の想い、それは『勝ちたい!』ですよね。勝率がほぼ5割と言われているバカラですが、実は賭け方のテクニックを知って、利用することで勝率を格段に高めることができるのです。[…]

まとめ

ここまでピラミッド法(ダランベール法)の使い方や利点や注意点などをまとめて解説してきました。

この記事を読んで、バカラでの戦略の幅が広がって、よりバカラやオンラインカジノを楽しめるようになって頂ければ幸いです。そして、実際にピラミッド法などを試してみて、ご自身にあった賭け方を見つけてみてください。

また、オンカジ攻略部が運営する情報コミュニティ『オンカジ攻略部』では、オンラインカジノ攻略に役立つ情報お得な限定ボーナスの配布なども行っているため、興味のある方はぜひ登録してみてください。

 

下の特典コードを入力して送信すると、最近話題のバカラ配信に無料参加する方法を御紹介しているので、興味のある方は下記の特典コードも合わせてご活用ください。

特典コード:バカラ無料配信

※特典コードを送ると、バカラ配信の最新情報やお得な情報が自動送信されます。

また、バカラに特化したオンラインカジノを徹底比較して、ランキングにして紹介しているので、バカラ好きな方は是非合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事はこちら!

▼2020年最新の人気オンラインカジノサービスを比較してみた。

関連記事

こんにちは、すばるです。2016年にカジノ法案が可決されて以降、日本が国のビジネスとして着手するほどカジノの需要は年々高まってきています。オンラインカジノも同様に、国内のギャンブルよりも還元率の高いことからサービスの数は年々[…]

▼バカラで生活するために必要な心構えや負ける人の特徴とは!?

関連記事

こんにちは、オンカジ攻略部です。今回はギャンブル好きなら1度は憧れる「バカラで生活することは可能なのか?」というテーマを解説していきたいと思います。そもそもバカラがなぜ良いのか、どのような人がバカラで稼げるのか、バカラで勝つ[…]

▼バカラで勝つための賭け方を完全解説!

関連記事

こんにちは、オンカジ攻略部です。バカラをやる人の共通の想い、それは『勝ちたい!』ですよね。勝率がほぼ5割と言われているバカラですが、実は賭け方のテクニックを知って、利用することで勝率を格段に高めることができるのです。[…]

▼高額当選続出!おすすめ人気スロットはどれ?

関連記事

こんにちは、すばるです。今回この記事では、オンラインカジノの中で最も多くのユーザーが遊んでいると言われるスロットのジャックポットについて解説していきたいと思います。「ジャックポットってなに?」「ジャックポットの当選確率は[…]